rogo_edited.jpg
rogo_edited.jpg

暮らしと四季の日本文化を語り伝える

御伽衆(おとぎしゅう)になろう

美命の会所オンライン

美命の会所オンラインを開設した理由

(代表・佐々木明美より)

これまで、美命の会所でお客さまたちと一緒に、日本文化の入り口、暮らしの中の年中行事の意味やルーツを学んできました。

4年たった今、歳時記を知ることは、実は、日本の文化の源流、日本人の源流を知ることではないか、さらに、古代の日本人も今の私たちも、人としての営みや心持ち、感性に大きな違いはないということがわかりはじめてきました。

それがわかると、自分がなぜ日本人であるのか、自分のDNA に組み込まれているものは何なのか・・・

そんなことにまで思いを巡らせることができるようになりました。

歳時記を知ることは、日本を学び直すことではないかと今あらためて思っています。

一緒に、学び直しませんか?

「実は私、御伽衆なんです」と名刺を指し出していただいたら、

「御伽衆って何何?」と必ず聞かれると思います。

「御伽衆とは・・・」からはじまり、

あなたが学んだ歳時記について、周囲の大切な人たちに、おおいに語ってください。

一緒に御伽衆になりませんか? 

​講師プロフィール

高山式部源宗東(たかやましきぶ・みなもとのむねはる)

1971(昭和46)年群馬県生まれ。歴史考証家、有職点前(中世風茶礼)家元。昭和女子大学非常勤講師(日本服飾史)。不肖庵 髙山式部源宗東(たかやましきぶみなもとのむねはる)事務所主宰。

國學院大学文学部史学科卒業。同大学院文学研究科博士課程前期修了。
専門は江戸時代における戦国大名家関係者の事跡研究、葡萄酒伝来史、有職故実、系譜、江戸文芸、食文化、妖怪。
有職点前家元として、現在の「茶道」以前の、「美味しくお茶を飲むこと」に遡及した中世風茶礼の普及につとめる一方、御伽衆の末裔として、歴史、古典の裏付けを以て「物語りと茶」をテーマに茶礼や講演活動も。

​【御伽衆とは…】

御伽衆(おとぎしゅう)は、室町時代後期から江戸時代初期にかけて、将軍や大名の側近に侍して相手をする職名である。雑談に応じたり、自己の経験談、書物の講釈などをした人をいいます。

御伽衆について高山先生が語った動画を公開しますので、ご覧ください。

​一緒に御伽衆になりませんか?

歳時記講座を1年間(12回・録画動画も含む)受講いただけたら、「御伽衆」に任命させていただくのと同時に、御伽衆の名刺を進呈。御伽衆として、自由い活動していただけます。12本の録画動画以外に、御伽衆の実力をアップするショート動画を毎月数本配信します。​

​まずはサンプル動画を視聴してみてください

『和と和風のルーツは、腰の曲がった倭人という蔑称だった!?』

『お盆は仏教を和風にアレンジしたもの!?(ハイライト版)』

『花火のルーツは彗星と犬と狐!?

(予告編)』

​御伽衆になる!と決めた方、会員登録はこちらから

会費は月額4980円。最初にクレジット決済登録をしましたら、毎月自動引き落としとなりますので、

​毎回クレジッットカードを入力する必要はありません。また、途中でいつでも解約できます。

​会員登録後の注意点とアクセス方法

​登録手続きのあと、必ずお読みください。(できましたらすぐにお読みください。)

  • Facebook

​所在地

東京都千代田区神保町 3 - 7 - 1 

 ニュー九段ビル3階

​電話番号

090 - 2638 - 6596

​アクセス

​東京メトロ東西線・半蔵門線、都営地下鉄新宿線

九段下駅6番出口から徒歩30秒

​営業時間

​11:00 – 17:00

​定休日

​日・月・祝・悪天候

※GW・夏休み・年末年始は不定休

email

© 2020 by Tokyo Yamamoto Yukinosuke Office